借金を回避出来るかもしれない方法を伝授される

大学生の頃、親に理不尽さを感じたことがある。大学には行け、でも学費は自分で出せと言われたからだ。

大学に行くこと自体はぼんやりと考えていたが、学費は自腹。何とも腑に落ちないものであった。

 

俺は頭がそんなに良い方ではなかったから、私立の大学に通うことになった。もちろん奨学金を貰いながら行くのだが、足りない部分の学費と生活費を稼ぐためにアルバイトをしていた。

 

しかし、就職活動や卒業論文の時期はどうしても忙しくて働くことが出来なかったため、お金を借りる、つまり借金をしてしのぐしかなかった。

 

このご時世、家が貧しいというわけでもないのに息子が学生生活という至極まともな生活をしているのに援助ゼロの両親には反抗期のなかった俺もさすがに何度か憤慨したものだ。

 

就職後も借金と奨学金の返済に奔走していた時、昔からの友人と仕事関係で偶然再会した。

そいつは昔から優秀で、今では弁護士の卵として法律事務所として働いている。何ともまぶしい姿だが、威張らないのが相変わらずだな、とほっこりしたのを覚えている。

 

仕事が片付いた後、久しぶりに飯に行くことになった。会っていなかった10年くらいの出来事や最近の事について他愛もない話をした時、借金のことについても触れる場面があった。

 

俺はてっきり「大変だな」とか、「がんばれよ」くらいの言葉があるものだと思っていた。しかし、この辺りが俺の人に恵まれている所以である。

 

「それ、もしかしたら返さなくて済むかもよ?」

 

俺は食いついた。公園でエサを待つ鯉のように食いついた。どうやらそいつは債務関連に強い法律事務所で働いているらしく、俺の借金はもしかしたらチャラになるかもしれない事例とのことだ。

 

俺は飯のことなど忘れ、法律の話に終始した。その時、借金に時効があること、そのための条件などを聞いた。

 

一度聞いただけではうまく理解できなかったが、理解しやすいサイトを教えてもらった。

 

彼に教えてもらったサイトはここ。

 

これで俺の借金が奨学金だけになったとしたらどれだけ楽になることか。こうした話を聞ける当たり、俺の人に頼る性格は極められているな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です